東京の短期滞在ならマンスリーマンションが得かも

もし関東圏以外の人が単身赴任などで東京あたりで一時的に暮らすとなればどこかのアパートを借りねばなりません。そのアパート探しですが、通常のアパートは2年契約が大半で最初の契約時に敷金や礼金を家賃の2から3か月分くらい一気に払うことになります。しかしそれにもかかわらず部屋の中には家財道具が一切ありません。となるとそこで暮らすならば総額で何十万円もする家財道具を一気に買い揃え、さらに引っ越し屋さんで運送し、契約が終わって退去するときにもその家財道具を運送屋さんに乗せて退去しなければなりません。もちろん自宅が遠くなるほど引っ越し代もさらにかかってしまいます。そこで1年以内の短期滞在で暮らすならマンスリーマンションで暮らすほうがある意味では得策かもしれません。というのはこのスタイルの賃貸では部屋の中に家財道具がほとんどそろっています。つまり1か月あたりの単価は高くなるけど、総額何十万円もする家財道具を一気に買い揃える必要もなく、退去時にその大量の余剰の荷物を抱えて自宅まで戻る必要もなくなります。

東京のマンスリーマンションの利用

東京にはたくさんのマンスリーマンションがありますが、とても便利なところは、短期で借りることができるということです。しかも、家具付きのマンションやアパートのことになりますので、短期の入居であれば費用もかからないですし、利用しやすいシステムになっています。一般的な賃貸物件というのは、長期的な契約をすることになりますので、1年から2年といった契約期間が設けられています。しかし、マンスリーマンションになると、月単位で契約をすることができるので、企業の出張に使ったり、学生の受験準備にも利用している人が多くいます。要するに必要な期間だけ借りることができるということが魅力になり、多角的な見方から利用の仕方も様々あります。企業では社員研修などの時に利用することもありますので、ビジネスシーンの利用も広がっています。

東京のマンスリーマンションの魅力

近年ビジネスシーンで利用することが多くなっているのは、出張の際のマンスリーマンションになります。企業でも利用しやすいということから、ホテルなどを利用しないで短期間借りることができるところが、魅力になっています。東京でもマンスリーマンションが流行っているのは、ビジネスパーソンが出張となると、ビジネスホテルよりも多くの利用があるというところになります。またビジネスホテルでは宿泊する際に、便利な面と不便な面がありますので、その面からも利用する人が増えている背景があります。ビジネスホテルでは、お客としていろいろなサービスを受けられますが、その反面、出入りにもフロントに顔を通さなくてはいけないことから、面倒だと感じる人も多くいます。フロントを使うことが無いマンスリーマンションを長期利用することで、便利さを感じることができます。